人身事故で届出

物損事故交通事故の被害を受けた方は、人身事故として警察に届出を行なう必要があります。物損事故での届出になっていれば、保険会社によるケガの治療費の支払いが行なわれないという問題が生じ得るためです。先に当事者が届出を行なっていれば、交通事故証明書で人身事故になっているかチェックすることが可能です。交通事故証明書は都道府県の窓口での申請か、Webでの申請で取得することができます。なお、加害者が任意保険の契約を締結していると、その保険会社に対して写しの請求を行なうことが可能です。

交通事故の被害者側であり、ケガをしているにもかかわらず物損事故扱いになっていれば、人身事故に切り替えなければいけません。人身事故に変更するには、事故が起こって10日前後のあいだに医師が作成した診断書を入手し、警察に提出します。これにより、物損事故が人身事故に変更されることになります。なお、10日前後でなければいけないということはないです。

物損事故の人身事故への切り替えは早いに越したことはありません。というのも、反対に診断書の提出が事故後ひと月ほど過ぎたころになると、本当に交通事故によるケガなのかと怪しまれてしまう恐れがあるためです。診断書が受理されなければ人身事故へ変更が不可能になるため、切り替えは早いほうがいいのです。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket